はじめましてコンピュータ、どんなことができるだろう

大人も子どももテクノロジーとクリエイティブをたのしく考える。
カマクラビットは、鎌倉市民のコンピュータおじちゃんたちが中心となって開催する体験型ワークショップです。実験工房「ファブラボ鎌倉」のスペースで、はじめてのプログラミング。親子で遊びに来てくださいね。

親子で取り組む、地域での学び。知識を継いで一緒に考える

「何ができるの?」から「こんなこともできるかも」へ。子どもは直感的に、大人は理解しながら、ものづくり・プログラミングの世界にのめり込んでいきます。前知識ゼロから親子で体感しながら学ぶことができます。教材は、イギリスで実績があり、昨年から日本でも販売されたマイクロビットを採用。ファブラボで作成したカスタムパーツと組み合わせて応用をきかせていきます。基本的なパソコンの操作や、要所要所に出てくる英語ワードや、算数の基礎知識は、お父さんお母さんがフォロー。子どもがどのあたりがわからないのか、どんなことができるのかを大人が把握し、親も一緒に取り組んでいきます。未来について実践的に考えていきましょう。

学びも人生も長く楽しく。「これってなにができるの?どうやるの?」を大切に。「なんだろうねぇ」を丁寧に。親子のみなさんと、プログラミング・ものづくり教育を考えるおじちゃんたち。地域や世代をつなぐ、つくる機会となればわたし達は嬉しく思います。「はじめまして」から、はじめてのプログラム、はじめてのロボット。あんなこともできるかな?こんなのもできるの?そう思えたら、たくさんのことが、もうひろがっています。

自身も学び続ける市民でありたい。これからの地域のSTEM+A*

私たちは鎌倉市在住のコンピュータおじちゃんたちを発起人とする有志のチームです。地域での学習に興味のある講師、サポーター、見学、いずれも歓迎しています。観察力、造形力、発想力、編集力、コミュニケーション力…。カマクラビットラボは、問題提起と解決の道筋を大切にします。教える側にとっても全世代交流型の生涯学習の場です。
定期的な教室開催、実践的なプログラミング教育の環境研究や、AI、フィジカルコンピューティングなど最新のテクノロジー状況と地域との関係や可能性についても、幅広く考え、かたちにする場を推進します。市民発で情報交換の行える場をつくっていきましょう。
* STEM+A(STEAM): Science(科学)+Technology(技術)+Engineering(工学)+Mathematics(数学) にArts(芸術)を加えたもの

講師陣はものづくり・プログラミングの世界で生涯学習として取り組んでいる「コンピュータおじちゃん」たち

カマクラビットラボ LLP
有限責任事業組合カマクラビットラボ(英名:Kamakura:bit Labo LLP)は親子向けのものづくり・プログラミング講座を定期的に開講しています。

代表・ビットラボマスター 山本 修(やまもと・おさむ)

1952生まれ、鎌倉在住。マイコンエンジニア。ファブラボ鎌倉を運営する一般社団法人国際STEM学習協会理事。自身の開発した4足歩行ロボシリーズが総務省のプロジェクトに採用され、山口県、鳥取県の小学校で「ものづくりプログラミング教室」を実施。今回有志と本講座を立ち上げる。「やまもん」の愛称で子供たちに親しまれている。

杉光 史朗 (すぎみつ・しろう)

1957年生まれ、鎌倉市在住。JavaScript大好きサンデープログラマー。地域貢献型サイトを多く手掛けている。鎌倉史跡マップ、鎌倉なびマップ、5374.jpなどを構築。プログラムでモノが動く楽しさを伝えていきます。

秋山 健太郎(あきやま・けんたろう)

1949年生まれ、鎌倉市在住。アパレルメーカーでシステム開発に携わる。フリーのSEを経て、ソフトウェアの受託会社を立ち上げるもIT不況により「あ痛てっ!」企業に。近年地域の子供たちにプログラミングを教えており、活動への共感から、カマクラビットラボに参加。

二藤部 知哉(にとうべ・ともや)

1975年生まれ、鎌倉市在住。大手企業のサイト設計・ディレクションが本職。鎌倉では地域活動を支えるための情報発信をプロボノとして行っている。活動自体にも参加しながらつくる「地ウェブびと」。カマクラビットラボでも、広報・編集・デザイン・サイト構築を担当。

岩田 雅人(いわた・まさと)

1989年生まれ、横浜市在住。理工学部を卒業後、海外の半導体や液晶等の工場自動化に従事。大学4年間の塾講師経験を通じて、いつか子供達へ学校では学べない創造性溢れるモノ作りの楽しさを広めたいとの思いが強くなり、カマクラビットラボの一員として活動を開始。

志磨 雅則(しま・まさのり)

1974年生まれ。鎌倉市在住。ゲーム会社勤務のエンジニア。2児の父。町内会の役員になったことがきっかけで地域貢献に興味を持ち、プログラミング知識を生かせる場を探していたところ知人の紹介でカマクラビットラボに出会う。現在の野望は自作インディゲームのリリース。今も子育ての傍らUnityを触っている。